2014年10月母が乳ガン(ステージ4)に。リンパ→脳→皮膚転移しましたが、前向きに治療に取り組んでいるのを、少しお手伝いしています。


by mellowww
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
どもー、こんにちはー。
おかあさんの入院生活も今日で13日目となりました。

毎日10時半頃病室へ行き、
お昼ごはんをいっしょに食べて、
16時頃帰宅の生活をしています。

おかあさんが毎日、午前午後とリハビリがんばっているので、
わたしは病院までの道のり(たった片道2km)ですが、
ジョギングで往復しています(w

さて、おかあさんの脳腫瘍、
ピンポイントで強い放射線治療を3回することで、
小さくなるとのことでしたが、
なんとその脳腫瘍の下に、左右に伸びたしっぽみたいに、 脳腫瘍予備軍があったのでした。

これについては、強い放射線ではなく、
弱い放射線を広範囲にあてる治療をすることとなり、
来週の水曜日から最低でも2週間の入院生活が続くこととなりました。

今週頭で、3回の強い放射線治療は終わったので、
今は午前、午後のリハビリメインの生活となっています。

午前は作業療法士さん、午後は理学療法士さんとがんばります。
わたし、この違いわからなかったのですが
作業→手先を使う細かい動作
理学→歩いたり、階段を登ったりの大きな動作
なんですね~

今のおかあさんの状態は、
自分の名前が書けない。
右と左が直感でわからない。
足し算、引き算などの簡単な計算もできない。
右腕がどこにあるかわからない。
右手を思い通りのところへ動かせない。
まっすぐ立てない、歩けない。
※右手右足の力は十分あるので麻痺ではありません。
深部感覚障害だそうですよ。

・・・と、こんな感じでしょうか。

掛け算は数字で書くとできないのに、
九九で言うとできたりします。
6×8は?だとわからないのに、
ロクハ?って聞くと48!と答える。

記憶はあるのに、計算はできないんでしょうね。

まだまだ長い付き合いになりそうなリハビリですが、
日々成長していて、がんばっているのがわかります。

わたしもジョギング、がんばるよw
----------------------------------------------------
くぅの寝相が悪すぎて、まるがかわいそうだわw
b0021311_17412439.jpg

[PR]
# by mellowww | 2015-06-27 17:41 | おかあさんの病気について
~「おかあさんの病気について」カテゴリを追加しました~

わたしがおかあさんをお見舞いした日の夜、
おねえちゃんが実家に帰ってきてくれました。

父は約70歳(年齢適当にぼやかしますw)、母は10歳年下の約60歳、
わたしはアラフォー。
姉はわたしより6歳年上、弟はわたしより11歳年下。
かなり年の離れたキョウダイです。

姉はわたしと同じ関西に嫁いで、3人のカワイイ兄弟の母親です。
弟は、まぁ詳しく言えませんが、お国を守るお仕事をしていまして(w
かなりお忙しい毎日ですが、みんな彼のことがダイスキです。

おかあさんが体調を崩してからは、
子供がいなくて、車も運転出来る(お医者さんへの送迎)わたしが1番動きやすかったので、
大阪からちょこちょこ名古屋に帰ってお手伝いしていました。

だけど、さすがに今回はおねえちゃんも心配ですぐ帰ってきてくれて、
わたしが大阪にいる間の4日間のお手伝いをしてくれることになりました。

こんな時期に不謹慎ですが、連日のおとうさんの疲れを取るべく、
飲みに連れて行ってあげたい、と、おねえちゃんに言うと快諾してくれ、
おねえちゃんが来たその日に、近所の飲み屋さんに3人で行くことになりました。

おとうさんは大のお酒好きで、特にビールですが、
何でもかんでも飲めて強いです。

でも、おかあさんが病気になってからは、
晩酌も少しだけ控えめにして、もちろん外で飲むなんて、もう全然していません。
誘ったら、本当に喜んでいました☆

そもそも、このメンバーで飲んだことなんてないなーって。
いろいろと話は尽きず、ゲラゲラ笑いながら楽しい時間が過ぎて行きました。

おとうさんは、こういう時間が持てたこと、腹を割って話せたことに、
ひどく感動して、ビービー泣いていました(w
⇒元々、涙もろい彼です。

おウチに帰っても、「お口直し」と言って缶ビールをあけてゴキゲンになっていました。
相当楽しい時間だったんでしょうね、すぐ寝ちゃいました。

おかあさんが大変な時だけど、家族がそれをキッカケに、
更に深いつながりになったことが、とてもうれしく思います。

おかあさんが病気になった今、改めて気付くことがたくさんありますね。

--------------------------------------------------------
まるは、ビビリの癖に、外が気になってしょうがない。
先日ベランダから出て行ってしまって、1週間帰ってこないことがありました。
⇒無理やり連れ戻せましたが。。。

なのに、また逃げ出そうとしています。
そんなに家がイヤなのかい?結構居心地いいと思うよ。
b0021311_01013676.jpg

[PR]
# by mellowww | 2015-06-22 01:01 | おかあさんの病気について
最初にお伝えしておきます、今回はダンナの話です。
くぅまるのお写真もありませんゆえ(w

結婚して14年、彼の相当ないびきは、留まることを知りません。
体型がデカイってのもありますが、すんごいうるさいので、
ここ2、3年は「ネルネル」というシールを口に貼って寝ています。

これのお陰で、いびきは半分ぐらいになりました(w

これ優れもので、わたしも時々貼って寝ています。
歯ぎしりもこれ貼ってるとしないし、
ノドがカラカラにならないので、風邪予防になってる気もします。
結構高いので、amazonでまとめ買いをしています。お得。

でも、いつからかな、止まるんです、呼吸。
そして苦しそうに呼吸復帰。
「睡眠外来ってのがあるから行きなよー」と言っても、
元々病院嫌いなので、全く動かず。

いつかの深夜、再放送の医療番組で「睡眠時無呼吸症候群」の特集をしていて、
とてもスマートな体型の西村知美さんがガーガーいびきをかいてて、無呼吸になり、
ある機械で改善されたってのを偶然見ました。

無呼吸は脳の病気を誘発することも多々あるので、危険!
その危険性を伝える為に、わたしはダンナが寝てる所を5分間動画で撮ってやりました。
1分程無呼吸、また止まる、苦しそうに呼吸復帰。

これをダンナに見せたら、かなり深刻に受け止めてくれました。良かった。
そんなこんなで、睡眠外来に行き、一日検査グッズを借りてやってみました。

測定器が付いたベルトを巻いて、人差し指に酸素量を測るのかな?
クリップを挟んで、鼻に呼吸器のようなチューブを指す。
全てのコードが測定器につながっていて、どれくらい無呼吸なのかをデータ化してくれます。

結果は・・・
寝ている間中、溺れている状態です、と(爆)
最長100秒息が止まってたらしく、起きてる時でもそんなに息止めれないのに。。。
本当に恐ろしい。

その結果を受け、本日からシーパップという治療器?をレンタルしてきました。
酸素マスクみたいなやつをお鼻に装着!
常に鼻呼吸出来るように、酸素をお鼻に送り込みます。

口を開けると、その酸素が口から出ちゃうので苦しくなり、
自然に口を閉じて鼻呼吸することが出来るという代物らしいです。

わたしがリビングで今カチャカチャPC触ってますが、
すんごい静かです。
いつもなら、隣の寝室から「ガーーーー ガーーーー」と聞こえてくるんですが、
本当に静かです。

これで、少しでも目覚めが良くなるといいのですが。。。

これ読まれてる方で、いびきとか無呼吸の方、念の為にも睡眠外来行った方がいいですよ。
夜中に何回もトイレで起きちゃうとか、舌の長い人はノドに沈み込んで無呼吸になるとか、
8時間も寝たのに、全然寝た気がしない、とか、
そんな人は行ってみて!!
←まだシーパップの効果が出てないから、よくわかんないけど(爆)

[PR]
# by mellowww | 2015-06-20 03:04 | 健康について