2014年10月母が乳ガン(ステージ4)に。リンパ→脳→皮膚転移しましたが、前向きに治療に取り組んでいるのを、少しお手伝いしています。


by mellowww
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:映画について( 79 )

わたしのスキな宮沢賢治さんの作品で「銀河鉄道の夜」があります。
小学校の授業でちょい読んで、その頃星に夢中だったので、
文庫を買って、一気に読みまくったのを覚えています。

それから何度となく夏目漱石の「こころ」か、
この「銀河鉄道の夜」を交互に読んでおりましたが、
※わたしの2大文学(笑)
ここ何年はすっかりご無沙汰でした。←ほんまにスキなんかい。

その中でも1回しかテレビで観たことのなかった、この作品の映画版を、
以前少しだけこのことをお話した方から、偶然にもBSで録画していたらしく、
今日何年かぶりに観ることが出来ました!!!!!
b0021311_2056339.jpg

猫が主人公ってのが、すっごい衝撃的だったんですけどね(笑)

いやー、映画版、大人になって観ると、かんなり重い内容です。
ちなみに、この映画は1985年に作られておりまして、わたしが9歳の時。
そりゃ、感じることも違うわな。

確か、この作品は宮沢賢治さんの妹さんが亡くなられたことを題材に書いた内容で、
「死」についてのテーマが詰め込まれています。
そして、キリスト教ですね、確実に。十字架ババーン。
十字架は映画に映えます。※わたしは浄土真宗。

亡くなられた方たちが、銀河鉄道に乗って天国へ向かう。
その鉄道に主人公ジョバンニが乗り合わせてしまい、
生きてるはずの親友カムパネルラもなぜかいっしょに。。。

天国までの途中駅でいろいろな方たちが乗っては降りて・・・。
ただ、かんなり衝撃的な内容だと思うんですが、静かに静かに進んでいきます。

そして、うちのテレビで観ると7割は暗い画面なので、かんなり観にくいです(爆)
※うちのテレビは反町隆史の目と歯しか写りません。

いやー、またこれは原作を読まないと。
そして、この映画を貸してくれた彼女に、さらに「メロさん、運が良い!!」と言われた。
それは、大阪市の科学館(プラネタリウム)で昔やっていた、
「銀河鉄道の夜」というイベントが帰ってくるとな!
今度は見逃さない!!!!

この映画を観ていい気分だったので、創作料理(そない創作してないけど)に挑戦。
b0021311_20154342.jpg

エッグマフィンの形状を変える。写真汚い(苦笑)
奥は、ブラックペッパーを利かせた炒りタマゴ(バター風味)に、サワークリームを。
マヨとケチャップで頂きます。

手前は、最近お気に入りの塩昆布を混ぜた炒りタマゴに、クリームチーズを。
そして、柚子胡椒ドレッシングを少々。

食べてみましたが、意外にサワークリームは普通で、
塩昆布タマゴとクリームチーズが、めっちゃくちゃおいしかった!!!!
クリームチーズは、「和」に合いますなぁ~☆

一人の休日は、やりたいことが出来て久々には良い♪
これからは長年借りていたゴッドファーザーを観よう(笑)
[PR]
by mellowww | 2009-10-17 20:15 | 映画について
b0021311_232952100.jpg

公開初日の今日、レイトショーで観てきました。

しかし、漫画の主人公と主演の藤原竜也のルックスの違うこと(笑)カッコ良すぎ!!

ストーリーですが、毎日をダラダラと過ごす主人公カイジが、
昔保証人になった人の借金を突然肩代わりすることになります。

とてもじゃないけど払えない彼に、
金貸し屋さんは今夜行われる一発逆転、借金帳消しになるゲームへと誘います。

そこでカイジは、人の命なんてなーんとも思ってない主催者のゲームに、
果敢(最初は腰抜け)に立ち向かう。。。

これは想像以上におもしろい!
漫画なんでありえんシチュエーションもありますが、
心理戦など観ていてずっとドキドキしていました。
ライアーゲームみたいな、裏の読みあいというか。。。頭使う。

レイトショーなのに、眠たいと思わなかった!

ストーリーが飽きないプラス、
悪者役の香川照之さんが尋常じゃない好演技でさらに緊迫感が増します。

カイジと言えば、漫画の中でよく現れる「ざわ…ざわ…」と言う表現ですが、
映画ではなんか不思議な表現になってました(笑)
わたしたち夫婦には、当分の間、この「ざわざわ」がブームになりそうです。

最後に藤原竜也の笑顔には参った、それに尽きる(笑)←ストーリーちゃうんかい。

いやーおもしろかった。続編キボンヌ。
[PR]
by mellowww | 2009-10-10 23:29 | 映画について
土曜日の22時のレイトショーにて、
「20世紀少年」3部作の最終章を観て来ました!
!まず最初に!
絶対ネタバレはしません(爆)特に「ともだち」について。

終わるのが深夜1時過ぎにも関わらず、たくさんの人が映画館にいます。
それだけ人気があるんですね、このシリーズ。

館内放送でも、入り口にも、
「エンドロール後にもストーリーがありますので、館内が明るくなるまでは・・・」と、
みんなにお知らせしてくれます。
なんだかワクワクしますね。

さて、内容はと言うと、さすがに「ともだち」が誰だった!とかは言えません(笑)

とりあえず、わたしは全く「ともだち」が誰だかわかりませんでした。
なので、とりあえずびっくりしました(笑)
※でも、「シックス・センス」程の驚きはなし。あれ、至上最高の驚き。
そして、エンドロール後が結構スキ。
まぁ、わざわざエンドロール後にストーリー作るぐらいですから、
重要なシーンは重要なシーンですが。。。

やたら上映時間が長い割には、全然飽きません。
なぜなら、ちょいちょい、1作目と2作目のおさらいをしてくれるからです。
忘れかけていたあのシーンとか、あの人物とか。

そういうのをひっくるめたから、長くなったのかな。

「ともだち」が誰だったか・・・それは、この映画の最大のポイントですが、
実は子供時代の純粋さ、単純さ、がこの物語を作っていたんだな、とも再認識。

自分の子供時代を振り返って、同じ様なことをしていたことが思い出される。。。
ウムー

パート2、パート3と続く毎に、映画はおもしろくなくなる傾向ですが、
この映画はそこそこおもしろいと思いました。
ただ、2部作ぐらいで収まったんじゃないかな(笑)

10巻ぐらいで諦めてしまったマンガを最後まで読みきろう。
マンガを読んでいた方が、もっと楽しめるらしいですよ♪

映画を観終わった後、深夜1時。
今はもう引退してしまった新歌舞伎座の北側にある「なかおかコーヒー」へ。
b0021311_2157425.jpg

大阪に5、6店舗あるんですが、ここは24時間営業です!
そして、540円でコーヒーお替り自由!!

・・・けども、久々に来たら「お替りは2杯まで」って書いてあった。。。トホホ。
単純に同じ飲み物がお替り自由ではなくて、
ここはコーヒーの味を知って欲しいということで、
メニューに載っている何種類かのコーヒーが、お替り自由の対象となります☆
ブレンド→アイスコーヒーも可。
b0021311_21574289.jpg

深夜タイム(0時~6時)は、タマゴトーストやホットドッグ、ホットケーキなどの食べ物と、
コーヒーのセットがお得です♪

うまー
夜中にこんなもん食べて、最高!!!

だんなは、ずっと映画の話をして感動してましたが、わたしはそないに感動してません(笑)

帰り道にいつも通り、ラブホ街を歩いていたら(通り道なんでね)、
気になっていたバーのママが、手招きしてわたしたちを呼び寄せる。

ママが背の高いオカマみたいなので、2人ともおびえてしまって、
ついついその場を立ち去る。
でも、今思えば、オカマさんでも本当の女性でも、あんなとこに行きつけのバーがあれば、
ちょっとカッコイイ大人になれたのに。。。

ちなみに、そのバーはわたしが昔聴いていた洋楽のバンド名が名前になっています。
行っとけば良かったー・・・かな?
今度また手招きされたら、行ってみよう。うん。・・・いや、どうやろ。
[PR]
by mellowww | 2009-09-07 21:57 | 映画について
観てきました、疲れた体にスーッと染み込む痛快ストーリー(だと思ってた)、
「そんな彼なら捨てちゃえば?」~He's not just that into you?
b0021311_22352699.jpg

スカーレット・ヨハンソン、なんっちゅーキレイでボインなんだ。。。

わたしは「ロスト・イン・トランスレーション」を映画館で観た時、
彼女に釘付けになりましたよ、それはもう。
なんっちゅーキレイでボインなんだ、と。

そして、その映画の中で適当に後ろに束ねただけの髪型が、
なんちゅーキレイでボインなこと(ボイン関係ない)。
そして、魅力的な瞳に唇。
あんな女性にアタックされたら、既婚者もオチマスヨ。

あ、少し話がそれましたが、「ラブ・アクチュアリー」的な、
たくさんカップルの同時進行話です、これは。

1回デートした彼から電話がない。。。
「わたしの電話番号なくしたのかしら?」
「仕事が忙しくて電話を掛けれないんだわ、きっと。」
「もしかして、事故に遭ったのかも!?」
電話が来ない理由を、女性は良い方に良い方に考えます。

女友達も、「彼が冷たい」と相談する子に対して、
「彼がアナタを大事にするばかりに、愛情の裏返しでそんなことするのよ」とか言う。

けど、明らかそれらの行動は、
「アナタに興味がないから!」と言えるのに、女性って不思議ですよね。
なぐさめるつもりなのか、本当のことは言わない。

まさにそういう女友達の助言で、恋愛を勘違いしちゃう女性、
7年も同棲していて結婚したいのに、プロポーズされない女性、
結婚後、家を改築する段階で何かと旦那さんとぶつかる女性、
メールや電話だけのお付き合いでリアル彼氏が出来ない女性、
運命的な出会いをして、一瞬で恋に堕ちたのに相手が既婚者だった女性。

ハッピーエンドもあれば、バッドエンドもあり。
※わたしは全てハッピーエンドだと思ってたので、ちょいびっくり。

わたしも一応女性なので、彼女達の会話の節々にかんなり共感し、
映画館内もそんなにお客さんいないのに、
わたしがプッて笑う時には、まわりの女性も笑ってる。

やっぱり女性が共感できる映画なのだ、と思う。

「誰々さんの時は、1ヶ月電話がなくてもその後付き合ったよ」とか、
「結婚して知り合った人と再婚して、今22年間連れ添ってるよ」とか、
女性は少ない例を挙げて、女友達をなぐさめようとするけど、
結局、その人たちは「例外」であって、「絶対」ではない。

もちろん、わたしの恋愛も「例外」のはず。
同じ恋愛があったら、たまったもんじゃない(笑)
恋愛ってステキです☆

そして、こういう何にも考えなくていい、つまんなくない映画、
たまには良いですね~(^^)

しっかし、スカーレットは別格。等身大の役をやらせたら、間違いない!
お姫様とか、もうしなくていいよ。
b0021311_22352671.jpg

あ、これは観てないけども、せっかくだったので、
「ハァ~~チィ」と撮って来ました。

わたしはネコ派です。
[PR]
by mellowww | 2009-09-03 22:35 | 映画について

七夕にポニョ☆

今朝は今年初めてのセミの鳴き声で目が覚める。
いよいよ夏だ!←わたしは夏キライ(笑)

そして、会社へ行く途中、
左足の甲を蜂に刺されたような痛みで驚く。←今まで刺されたことはない。

まさか街中(とりあえず東大阪だけども)で蜂に刺されることはないだろうと、
チラ見程度で見ると、ジーパンの裾でちょっと痛い所が見えなかった。
気にせず歩こうと思ったけど、まだチクチクする。

歩くのを止めてきちんと見てみたら、蚊が止まってた。
即座にビンタ。ちょっと血吸われてた。。。
けど、生まれて初めて蚊に刺されたのに気付いた!
それか・・・超へたくそな蚊だったのか。うーん、後者の可能性が高い(笑)

さて、今日は予約していた「崖の上のポニョ」を観る日。
b0021311_22102156.jpg

予約特典は、手ぬぐいとシールブック。
b0021311_22102183.jpg

この瓶に入ったポニョがスキ☆

映画館で観たけど、今また観たけど、
やっぱりホンワカする映画です。
自然にニッコリする。

久々にいっぱいの仕事でウンザリして、時間が足りない癖に集中できないから、
あんまり残業せずに帰っている毎日で、ついに明日ヤバイから、
ガッツリ仕事しないといけないけど、ちょっとがんばろうって思えた。
※単純に締め切りギリギリにならないと仕事できない人。

ポニョありがとう☆

七夕恒例の短冊に願いを書くのも小さい頃から全くやってないけど、
今日は時々晴れ間も見えるし、願ってみよう。

これからの毎日に、少しでも自然にニッコリ出来る瞬間がありますように。

メロの木も願ってます♪
b0021311_22304015.jpg

[PR]
by mellowww | 2009-07-07 22:10 | 映画について
b0021311_072160.jpg

偏頭痛中は、明るい所が苦手になってしまい、
テレビも全然観てなかったのですが、やっと観たかった映画を観終えました。

ピクサーシリーズは映像がキレイなので、絶対映画館で観たかったのですが、
ついついDVDでの鑑賞となってしまいました。最近映画館行くのがちとめんどくさい。
でも行き出すとまた映画館で観続けるんでしょうか。

さてさて、「ウォーリー」は、この間観た「いのちの食べ方」ぐらい、セリフがないです。
でもセリフがない分、行動、表情から感情を読み取ることができます。
主人公達はロボットですが、感情を持ち合わせているロボットなので、
目や首の傾き具合で、しょんぼりもニッコリも完璧に表現出来ています。
まるで能面みたいです。
角度で同じ面が表情を変える!みたいに。

700年もの間、地球上のゴミを片付け続けているロボット、ウォーリーの所に、
かんなり高度なロボット、イブがある任務の為にやってきます。

ウォーリーは優しくて好奇心旺盛な男の子、イブは勝気な女の子といった感じかな。
最初はウォーリーを敵!と思っていたイブも、徐々に仲良くなっていく様子が、
本当にかわいらしい。

そんな中、任務を遂行してしまったイブは強制的に自分の星へ連れ戻されますが、
そこはウォーリー、なんとかして追い掛けます(笑)

イブが造られた星は、人間がロボットと共存している星です。
うーん・・・違うな、人間がロボットに頼っている星ですね。ロボットなしでは死んじゃう。
人間は全員、脂肪ボニョボニョ人間で自分で歩くこともままなりません。
何をするにもロボットまかせ。
移動も座椅子みたいなんが、どこまででも連れてってくれます。

これは正直怖かった。なんでもロボットがやってくれたら、人間こうなっちゃいますよね。
筋肉が落ちちゃって、「自力」って言葉は意味をなさないです。

ロボットちゃんたちの協力プレイに終始ニコニコしましたが、
ボニョボニョ人間の部分だけがちょっとひっかかりますね(苦笑)

ロボットそれぞれに、きちんと個性があって、さすがピクサー!!!
すぐストラップにして売り出せますよ!(笑)
最後は不覚にも涙してしまいましたが、やっぱり映画館で観るべきだったなぁ。
大きい画面でダイナミックに動くロボットたちを、ちゃんと観てあげるべきだった。

今度のピクサー作品は、必ず映画館で観よう。
やはり、アニメは宮崎駿のおっちゃんと、ピクサーで安泰だ。
[PR]
by mellowww | 2009-05-10 00:07 | 映画について
b0021311_2129270.jpg

牛・豚・鶏・野菜。
毎日わたしが口にする大切なモノたち。
そのモノがわたしの口に入るまでのことを教えてくれます、この映画。

最初から最後まで、ナレーションなど一切なし。
音楽もなし。
延々と淡々と映像が流れていきます。

たまに従業員の方の食事風景が映りますが、
「ブラウンバニー」以来の早送りが有効(笑)

ショッキングな映像は多々ありましたが、
わたしは相変わらず食事をしています。
たくさんの命がわたしの命の糧になる。改めて実感しました。

ただ、日本はもうちょっとマシな扱いをしてるんじゃないの?ってぐらい、
すごい扱いしてます(笑)
ひよこなんかそんな感じ。

絶対観てとまでは言いませんが、
ハンバーガーでも食べながら現実を観て頂ければと。

ちなみに今日は偏頭痛来る予感バリバリの発熱もあったりして、
休みなのにグッタリ。明日は回復したい!
[PR]
by mellowww | 2009-05-03 21:29 | 映画について
今日もポカポカ陽気。何しよかな~♪
久々に弁天町の隠れ部屋「ハナモク」に来ました。
b0021311_23455796.jpg

今日の不定食は、チキンカツ・お揚げコロッケ・ブロッコリーと卵のサラダ、
スープにいか大根。素晴らしき「不定食」680円。

おにいさん「まだいらっしゃいますよね、ちょっと買い物してきます」
3分後ぐらいに牛乳を買って帰って来ました。※目の前がスーパーです。
信用されるお客さんになりました(笑)

さて、昨日DVDで観た「20世紀少年~第一章~」の続きが何となく気になる。
行ってきました、映画館。
第二章を観てきましたよ~
b0021311_23455769.jpg

・・・長い。
3作目は8/29公開だそうです。
その頃に2のDVDが出て、3を映画館で観るとか、そんな感じでしょうか。
良い商売ですな!よく考えられてる。

内容はマンガも読んでるし、そこそこわかってますが、
長い。←またかよ。
基本的に2時間超えは苦手です(苦笑)
でも、退屈ではなかったですよ。おもしろい。
野球の巨人、というか、豪華キャスト使い過ぎですけどね。
ま、3作目に期待します。
※ということで、わたし的には、「良かった!!」て感動はなかったです。

さてさて、難波に来てることだし、久々に蓬莱の点心でも食べようか、と。
b0021311_23455724.jpg

彩りセット1,500円には、青菜の白身炒め、バンバンジー
b0021311_23455735.jpg

小籠包3つに、湯葉包み餃子、海老餃子、カニ餃子に、春巻き、
もち米揚げ餃子(激うま)がついてます。

なんだかビールの気分だったので、ビールセット1,000円で、
生中とチャーシュー・蒸し鶏・野菜のピクルスが!!
どれもこれもおいしい♪♪蓬莱よ、ありがとう。

そして、弁天町までテクテク歩いて帰ります。

と、ドーム辺りでだんなに異変。ジンマシンが出ています。
だんなは、ごはん食べた後に歩くと、ちょいちょいジンマシンが出ます。
その時はお水飲んだり、喫茶店入ったりするんですが、
今日はドームのロイホまでガマンして歩いてたら、えーらいこっちゃに。

ロイホの席に座った時には、手はひとまわり大きくなって、
顔も首も蚊に刺されたみたいになってます。

本人は「いたってかゆくもないし、なんか手袋つけてるみたい」と軽い感じだが、
わたしは今までそんなにひどいの見た事ないし、ちょっと観察。

20分経ってもジンマシンは引かず、ちっちゃいぷっくりが重なって、
おーっきいぷっくりに合体。怖い。
怖過ぎて、「大丈夫かいな」と言うと、暑がりの彼が「寒なってきた」と。
これはもう病院ですよ。時刻は23時。
タクシーを待つ彼の唇は、ガクガク震え出しました。こえー

そして、今となっては懐かしい、
わたしが夜中に駆け込んだ西区の救急病院にタクシーで向かう。
待合は冷えピタ貼ったベイビーだらけ。
本当にすごい人数。
むしろ、わたしが風邪引くわ。

・・・意外に早く先生に診てもらいました。
その間、わたしは待合で待機。

トラウマというか、わたしが偏頭痛で死にそうになっていた待合にいると、
吐き気がします。
全くまわりの景色を覚えていないのですが、椅子の感触とか覚えてて、
本当に気持ち悪い。
早く帰りたい。
けど、だんなを待たなくては。

意外にケロッと帰ってきた彼。ジンマシンも少し引いてるね、良かった良かった。
「明日ちゃんとかかりつけの病院行きなさいって」
前からジンマシン出る度に、ちゃんと調べてもらいなよーって言ってたから、
良い機会になりました。
しかも飲む薬が相当眠たくなるらしいので、彼は明日お休みです。

行きも帰りもタクシーで、わたしは激車酔いし、
家に着いた頃には、わたしの方が病人でした。

今も彼は少しジンマシン残ってますが、怖いですね、ありゃ。
わたしは今までで一度も出たことがないです。
肌が弱いのかな、血液中の何かが何かに反応してるのかな。
人間って不思議。

健康って大事だけど、偏頭痛もそうですが、
原因が何か!ってわからないと、健康も近付きやしませんね。
あー、しかし、まじでこわかった。
っつーか、花粉症しんどくなってきたよ!
アレルギー夫婦や。
[PR]
by mellowww | 2009-02-15 23:45 | 映画について
ひっさびさの現場17時終了!!!こりゃ映画だよ!
今年初の映画じゃなかろうか。
ついに観れたよ、「ラースと、その彼女」♪
b0021311_2251212.jpg

左の方が、それなんですが、
ラースという男の人と、ラブドールと言われるアッチ系の人形(どんな説明)の彼女の話。
※右のんは、ちょいと観たい映画。

ラースはお兄さん夫婦が住む家の前のガレージに一人で住み、
仕事も普通にこなし、教会にも通う普通の27歳。
とても優しいのにシャイなので、みんなから彼女出来ないの?と心配されてます。

もちろん一番心配してるのは、お兄ちゃんのお嫁さん。
しかも妊娠中。
そんな心配掛けさすなよ、大の大人が(笑)

そんな中、ラースがお兄さんたちに突然彼女を紹介します。
・・・ラブドールを彼女だと!
※ネットで注文。便利な世の中。

これ真剣なんです、彼。
彼女にとっても優しいし、人形なので歩けないから、車椅子に乗せて移動させます。
彼にとっては、普通の女性なのです、まじで。

そりゃ、周りの人びっくりだわさ。
だけど、そっからがこの映画のスゴさ。

一人一人が彼にも彼女にも優しい。
お兄さん夫婦の家に住ませてあげたり、服を着せてあげたり。
そして、人形ならではの彼女の仕事も見つかったり。
あー、なんて微笑ましい老若男女の仲間たち。

救いようのない寂しさで流す涙ではなくて、
涙を流した後、ステキな未来が待ってるんだな、と感じます。
コミカルな場面もありますし、全体的にとっても温かい映画でした。

仲間への気持ち、愛する人への気持ち、家族への気持ち。
当たり前のように存在していて、それでいてとても難しい気持ちたち。
もがいてもがいて、そして、真実が生まれる気がします。ホントの気持ち。

ただ、最後は「ラース、お前は勝手やなー」とも思います(笑)

単館上映なのに、地味にロングランな映画なだけありますな♪
ラース、絶対カッコイイ俳優さんだわ、きっと。

しっかし、春一番?吹いたのかな?殺人的な突風が吹き荒れております。
みなさん、気をつけて!
[PR]
by mellowww | 2009-02-13 22:51 | 映画について
今日は前から観たかった映画を,、
会社の後輩ちゃんと観に行きます☆
場所は梅田スカイビル。
b0021311_1723146.jpg

すっかりクリスマスで、ドイツフェアやってましたー
b0021311_1723120.jpg

アツアツのスープとジャーマンポテトにマルガリータ!
最高においしいっ!
b0021311_1723158.jpg

ドイツワインがたくさん売ってましたが、
ワインは昼間から飲めないので、ぶどうジュースを注文すると、
「赤、白どっち?」ですって~♪
もちろん、両方飲みまっせ。
後輩ちゃんのネイル、カワユス☆

それぞれ赤ワイン、白ワインになる前のジュースで、
味も全然違いました。
b0021311_1723151.jpg

これはドーナツで、フッジ?もう忘れた。
素朴な味プラスモチモチ食感で癖になります。

ドイツフェアを楽しんだ後は映画~☆
b0021311_1723118.jpg

だんなさんの希望通りに夢を諦めて結婚して、
そのだんなさんが亡くなった後に、ひょんなことから、
一度諦めた夢を実現させようと動く!
しかも、おばあちゃんでっせ!素晴らしい行動力!

当然、自分ひとりの力ではなかなか動けないものですが、
まわりの方の助けを借りて、実現していく映画です。

わかりやすい悪い役の人や、最後はハッピーエンドになる展開は、
本当にありきたりかもしれないけれど、なぜか温かいストーリーです(^^)

歳をとって介護が必要だったり、どんどん自分の世界が、
なぜかまわりから孤立してしまってる気がしている、
そんな主人公達ですが、少しずつ少しずつ行動を起こします。
自分の殻を破るように。

行動が遅かったかもしれないけれど、
あんな歳になって行動出来たことが素晴らしい!って思います。

そして、マルタさんの刺繍の技術もびっくり!ですけど、
手作りって温かいなぁ、と再認識。
アップルパイやマフィンやら。

スイスの映画ですが、こういうゆったりした映画は、
ヨーロッパならでは、という感じがします☆
アメリカ映画じゃムリっぽい(笑)もっとファンキーになる。

映画の中でもお祭にメリーゴーランドが出てましたが、
映画が終わった後ドイツフェアでわたしたちも、
メリーゴーランドに乗りました~(笑)
寒いし、ゆっくり回転で酔うし、大変でした(爆)
[PR]
by mellowww | 2008-11-30 17:23 | 映画について