2014年10月母が乳ガン(ステージ4)に。リンパ→脳→皮膚転移しましたが、前向きに治療に取り組んでいるのを、少しお手伝いしています。


by mellowww
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:本について( 40 )

b0021311_23443344.jpg

竹内さんの本、いろいろ読みましたが、これはハズレでした(苦笑)

何せ、割合や順位を文章で説明する為に、漢数字をすっごく使ってるんです。その漢数字をほんとの数字に変換するのに疲れた(笑)

内容は、九州の人と内陸の人は違うとかなんとか。。。それは祖先がその土地に定住してるか移住してきたかで例えば信仰する宗教が違うとかなんとか(笑)

ごめんなさい!全然響きませんでした!
[PR]
by mellowww | 2007-06-25 23:44 | 本について
b0021311_22434628.jpg


わたしはヤンジャンがダイスキで、よく立ち読みをします。あははー

お気にのマンガがドラマ化され、しかもなんと今わたしの中で旬な、
”松田翔太”!!!が出てます。サイコー
そりゃ見るでしょうに(笑)

「LIAR GAME」というマンガで、騙しあって1億円をゲットするというお話。

とっても素直で正直なカンザキナオちゃんが主人公で、
そんな素直な子が恐ろしいライアーゲームに強制的に参加させられちゃうのですが、
天才詐欺師のアキヤマ(松田翔太)がなんとか助けてくれるのです。

助けるって言っても、ゲームに参加しながら協力するって感じかな。

このゲームは持ち金が1億円で、負けたら1億円は取られるわ、
持ち金はゲームの主催者に返金しなくてはいけないので、
1億円の借金は残るわ、で最悪パターンなのです。
今は3回戦。。。

ドラマになってもやっぱりおもしろかったんだけど、
今週土曜日ついに最終回。しかもしかも、とてつもない人気らしく、
最終回は土曜日の21時~23時55分の3時間スペシャル!!
聞いたことないわ!3時間なんて!
土曜日のこのゴールデンタイムをよく貸しきれた!さすが!

先週の回から、マンガと微妙に違ってきました。
すごいスピードでドラマのストーリーがマンガを追い越してますからね~
最終回どうなるか楽しみ☆
[PR]
by mellowww | 2007-06-20 22:43 | 本について
b0021311_2328216.jpg

最近、遺伝子の本を読んでいましたが、
今度は前から興味のあった心理学の本を薦められたので、読んでみたー

著者は、精神医学を専攻している医学博士さん(おっさん)です。
だいーぶ古い本で、例に挙がっている事件は昭和の物ばかりです(苦笑)

けども、
実際に事件を起こした犯人を心理学(精神学)的に分析すると、
いろいろな共通点があることがわかります。
そういうとこおもしろい。

すごく興味を持ったことがあります。
それはお酒を飲んで酔っ払って、意識なくしちゃう人!

わたしは、元来お酒は強くなく、けどスキなんでたくさん飲もうとするんですが、
体が受け付けないんで、リバースしちゃうんですよ。
若かりし頃は、さっさとリバースして次のお酒もすぐ飲めたんですけどね(笑)

なので、意識が無くなるまで酔っ払ったことないんですけど、
心理学的には、記憶なくしちゃう人をこう呼んでます。
とぎれとぎれに泥酔中の記憶がある「複雑酩酊(めいてい)」と、
ある期間全く記憶の欠損した「病的酩酊」の2種類。

この2種類のことを「異常酩酊」と呼ぶらしいのですが、
酔うと、めちゃくちゃ力強くなって、大声で暴れる人いますよねー
一歩間違えちゃうと、大事件を起こしかねない実はちょっとした病気の持ち主だそうです。
「酒に飲まれてるわ、あの人」では済まされないってことっす。
止めなくては・・・。

そういう人はお酒飲んでない時はとってもマジメな人だったりするものです。
心理学というか精神的な物は外見からわからないから、
とっても難しい物ですよね。。。

いろんな人に言っていますが、短大の時に習った心理学をここでひとつ。

何か意見を言っている人の前で腕を組んでたりしませんか?
※肩凝りの人は腕を組みやすいというのは別にして・・・
腕を組むと言うのは、その人の意見に同意していない時なのです。
短大の時からわたしは自分の意見を言う時、
相手が腕を組んでいるかを必ず見ます。

組んでいた時は、さらにわかりやすいように、とか、
この人はどんな反対意見を言うのかな、と先読みしたり、
結構いやらしい行動とってます。

やっぱ心理学っておもしろいけど、心理がわかっちゃうっておもしろくないなー
隠して探ってワイワイしたいわ☆
[PR]
by mellowww | 2007-06-18 23:28 | 本について
b0021311_22171352.jpg

いつもいろんな本を薦めてくれる子が、またもや良い作品を!

リストラされて、妻は浮気をしていて、息子は中学受験に失敗して、
「もう死んでもいいかなぁ」と思った夜に、
オデッセイに乗った親子に出会い、過去の人生の分岐点へ案内してくれる。。。

あの時こうしていたら、今こうなっているのに。。。
ってのは、わたしも何回も思ったことありますが、
主人公は過去に帰った時、何度も何度もそう思います。

そんな葛藤の中、父親が、今の自分と同じ年齢で現れます。
ずっと距離があった父親との時間を埋めるお話でもあります。。。

最後にドドーーーンッと感動する訳ではなくて、
最初から徐々に徐々に、最後にじんわり泣けてきます。

両親、特にわたしは女性なので母親との関係を、深く考えさせられました。
今のわたしと同い年の母親とは仲良くなれるのかなぁ。
すっごい仲良しになるかもしれないなぁ、なんだかんだ言って。
同い年だけど、自分よりもしっかりした面もあるだろうし、
カワイイ面もあるだろうし。
やっぱり、仲良くなるだろうな、うん。

「死」というテーマは、わたしの中では永遠で、
この本もなかなか死を受け入れられない登場人物が出てきます。
自分にいつ訪れるかわからない「死」を、わたしはどのように受け止めるのかな。。。

いろいろなことをとっても考えさせられる本でした。
びっくりするぐらい、スイスイ読めます。
驚くほど、主人公に感情移入しているわたしがいました。

あの時のわたしは、何にも知らずにバカなことしてるけど、
そういうことをしてきたからこそ、今のわたしなんだな。

明日も前向きに☆
[PR]
by mellowww | 2007-06-11 22:17 | 本について
b0021311_2249534.jpg

以前、竹内久美子さんの「浮気人類進化論」のことを書きましたが、
これ続編とも言うべき、さらに奥深い”遺伝子”のなせる業が説明されています!!!

わたしたち(動物も昆虫も)は遺伝子を乗せる乗り物であって、
全ての行動は遺伝子がコントロールしてるんですって!

”利己的遺伝子”と言って、自分と同じ遺伝子を少しでも持っている者に対して、
かばったりする性質あるじゃないですか。
普段ケンカばかりしてる兄弟でも、ピンチになれば必ず助け舟を出すでしょ?
他人だったら絶対しないことを、理由なんて必要ないの!ってくらい、
助けちゃうでしょ?

それ、”利己的遺伝子”が作用してるんです、奥さん。
確かに子供・孫とに、自分の遺伝子は残っていくはずですが、
兄弟ってのは自分の分身みたいなもんです。
自分の遺伝子を残したいんや!という遺伝子が作用し、
自分と同じくらいの遺伝子内容を持つ兄弟をかばうんですね~
不思議っす。

もちろん、前回読んだ本の醍醐味、浮気をするしないの男性のタイプにも深く触れています。

【文科系男】
口がうまく、常に女を口説くチャンスをうかがい、遅かれ早かれ多角経営を試みる。
しかし、妻のことが嫌になった訳ではなく、ひたすら”重複繁殖”を実現させたいだけ。

【理科系男】
女性の扱いになれておらず、積極的ではない。ちょっと退屈なタイプ。
”重複繁殖”はめったにしない。持ち前の理科系の才能を発揮して、
いろいろな発明をし、がっちり自分の子供だけを育てていく。

”ギャンブル男”や”ケチ男”も登場。

”重複繁殖”とは浮気をして、外にお子さん作っちゃうタイプ。
自分の遺伝子を残したくて残したくて、たまらんらしい(笑)
でも、口がうまいし奥さん嫌いになった訳じゃないので、離婚はしない。
すごいねー

遺伝子って、自分では確認できないし、よく聞く言葉だけど一体何??
って感じだけど、いろんな行動が紐付いていて本当におもしろいです。

また、女性の立場から冷静に、はたまた感情的に書く文面もおもしろいです。
恋愛についての行動は、これで大体理解できました(笑)
[PR]
by mellowww | 2007-06-04 22:49 | 本について
b0021311_2221562.jpg

会社で、
「mellowwwさん、これ読んだら『浮気』とかしょうがないなーって思えますよ」
と言われ借りました。

竹内久美子さんの「浮気人類進化論~きびしい社会といいかげんな社会」なんですが、
これはかなり納得の本です。
人間は『浮気』をすることにより、進化を遂げた!!!という内容(笑)

昆虫や動物の行動(主に交尾)には必ず裏付けがあり、
その理由があるからこそ、ある部分が発達したり特徴的な行動をとったりする。

あらゆる種は、自分の子孫を残すことが目的であって、それが生きがい。

子孫を残す為に、別のオスの子供を殺してしまうのもうなづける。
ほとんどの種は、子供を育てている時のメスは発情しないんだそうです。
なので、その子供を殺して発情させて、自分の子供を妊娠させる。
人間界には子供を殺すことがないから、安心。
昆虫、動物にはその例が多いこと多いこと。。。コワイっす。

人間はなぜ『浮気』によって、脳の進化を遂げたか。。。
結構笑えるし、かなり当たってる。
こりゃ、だんなが浮気してもしょうがないな、とも思えるし、
わたしもいつ子孫を残したいと思うかわかんない(笑)

人間は、戦争などで脳が発達したという、たくさんの賢い方達とは違う切り口で、
『浮気』が人間をスバラシイ種にしたという理論がおもしろい。
竹内さんの本はもう一冊借りているので、それも楽しみ♪
ゼヒゼヒ読んでみてくださいなー
[PR]
by mellowww | 2007-05-23 22:21 | 本について
b0021311_2241458.jpg

最近、北尾トロの本しか読んでない(笑)ハマりすぎや。

さて、「鼻毛~」「裁判長~」「危ない~」に続いて4冊目!
「怪しいお仕事!」であります!

死ぬほどBOOKOFFで探しましたが、結局見つからず、
本屋にもなかなか置いてなかったんですが、運命の出会い!定価で買いました(ケチ)

「危ないお仕事!」は結構笑えたんですが、
こっちは本当にやばいです。結構引きます。

気にはなってた職業だけど、これ内容知らない方が良かったかもしれない(笑)
でも知っちゃった!あははー

内容とかほんまにやばくて書けませんよ、ここには!
「危ない~」の方は仕事として認められてるんですが、
「怪しい~」は完全に認められてないというか、
わたし、この仕事してるんですよーとか絶対言えない(爆)

北尾トロ・・・、そんな人たちに取材に行くなんて・・・
あなたがイチバンすごいよ・・・

あ、「裁判長!ここは懲役4年でどうすか」の続編が出ましたね!
トロおじちゃんは、しばらくは裁判ネタに落ち着いちゃうのか??
少しさみしい。。。←これ以上彼に何を期待しているのか!?
[PR]
by mellowww | 2007-05-17 22:41 | 本について
b0021311_21175811.jpg

体調は50%で、やたらテンションが高かったような、そうでもないような一日。やるべき仕事があって良かったな、と思いました。あはは…

さてさて、先週北尾トロさんの3冊目「危ないお仕事!」読みました。これは今までで一番電車で読みにくい(笑)表題とか指で隠しながら読んでましたから。

内容も期待に大いに応えてくれまして、「あの業界はそんなことになっとったんか」と感心するばかり。

知らなくてもいいことなんですが、トロさんひとつひとつに真剣です。なんなら一員になったりしてます(笑)すごいわ、この人。

もうひとつの「怪しいお仕事!」も読みたいでっす!北尾トロ万歳!!
[PR]
by mellowww | 2007-04-17 21:17 | 本について
b0021311_19412024.jpg

毎日朝の電車の中でちょこちょこ読んでて、やっと読み終わりました。

やっぱ、この人おもしろいですね、北尾トロ。

新しいシリーズの為に裁判を傍聴して感想を綴ろうよ、的な本人あんまり乗り気じゃないのにはまってました(笑)

裁判と言えば、トム・クルーズが出てた映画では、つまらんしわからんし、で爆睡した経験あり。難しいんやろなーって思ったらなんてこたない。

失礼だが、おもしろい裁判(事件)もあれば、ほんまにしょうもないものもある。全てを包み隠さず他人の前で事件の真相を争う。

おもしろい。

誰もが2時間ドラマの出演者となり、善悪をはっきりさせる。

おもろい。

これは北尾トロだからこその読みやすさだと思う。

裁判がとっても身近になったし、興味が沸いた。

いつかは被告人、証人になるかわかりませんよ、みなさん。被告人はイヤやけど。

裁判所の雰囲気を知るためにも、さらっと読んでもらいたい一冊です。

次は北尾トロの「危ないお仕事」が控えております。ほんまに危ない。でも知りたい(笑)
[PR]
by mellowww | 2007-04-05 19:41 | 本について
b0021311_22164493.jpg

読んだ。

抜群におもしろい(^O^)

北尾トロさんの裁判ネタの本は、買ったのにまだ読んでなくて、友人のAちゃんが「おもろいからコレ読んで」と。

裁判のはAちゃんに貸して、わたしはコレを読むことに。

「小さな勇気」がテーマのエッセイなんですが、これ地下鉄で読んでたらニヤニヤしてきて相当怪しい人に見られます(苦笑)

すごく共感できる部分に着目してて、わたしだったら絶対出来ないその次の行動を、北尾トロさん自らが実行しとります。

「やってみたかったけど、できないこと」

いっぱいありますね~

わたしは美容院で髪洗ってもらってる時、チョンッて泡が顔に飛んできたら…

何も言えません。すんません。しょうもなくて。
[PR]
by mellowww | 2007-03-10 22:16 | 本について