2014年10月母が乳ガン(ステージ4)に。リンパ→脳→皮膚転移しましたが、前向きに治療に取り組んでいるのを、少しお手伝いしています。


by mellowww
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

「死ぬまでにしたい10のこと」本は…。

大好きな映画、「死ぬまでにしたい10のこと」の原作本を頂いたので、
読みました。短編なので、30分もあれば読めます。

映画とは、いろんな所が違います。
b0021311_2294178.jpg

この10のことも、映画とちょっと違うような。。。
(覚えてないんかい)

主人公の名前も、彼女の子どもの数も、息を引き取る場面も違う。

この本はこの本で、感動して涙が出てしまったけど、
やはり、映画化したコイシェ監督はスバラシイと思った。

愛する家族がいるのに、孤独感を味わう彼女の気持ちや、
余命2ヶ月を宣告された後の彼女のいじらしくも大胆な行動は、
映画化してこそ、のココロ揺さぶられるモノだと思う。

いつも原作本を読んで映画を観ると、本の方が内容も充実していて、
映画の2時間では語り尽くせないな、と半ば諦めな感想を抱くけれど、
この映画は短編集を元にしているので、映画の方がとても内容に膨らみがある。

原作を読んでこそ、さらにこの映画がダイスキになりました。
なぜか、この映画を観る時は、ココロが穏やかになります。
人が死んでしまうという悲しいお話なのに、温かい気持ちになるのも、
この映画(お話)のスバラシイ点のひとつでもあると思います。

今日は残業必至の仕事を、効率良く短時間で終わらせた。
久々の達成感で、気持ち良く夜寝をして、
今からだんなが買ってきたマックを食べます(笑)

今、わたしを取り巻く環境に、少しだけ感謝☆
それは、この本を読んだおかげかな。影響されやすいから(笑)
[PR]
by mellowww | 2008-05-20 22:09 | 本について