2014年10月母が乳ガン(ステージ4)に。リンパ→脳→皮膚転移しましたが、前向きに治療に取り組んでいるのを、少しお手伝いしています。


by mellowww
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

東野圭吾「殺人の門」重くココロに残る作品

b0021311_213191.jpg

まず、この本を借してくれた人に謝りたい。
本、ボロボロ(涙)
きちんと謝ります。。。

さて、感想。
東野圭吾さん、2冊目!
2冊読んで再認識しましたが、この人の文章ほんっと読みやすい。
しかも、なんなんでしょうね、このグイグイ引き込まれる内容は。

田島くんのちっちゃい頃から、ある程度大人になるまでがこの本の流れ。
小学生の頃、唯一の話し相手とも言える倉持くんとの関係が、
この本のキーとなります。

次から次へと田島くんには、いろんな不幸が訪れますが、
毎回同じようにへこたれる訳ではなく、へこたれ内容にも成長を感じさせます。
そういうとこを見ているからこそ、親近感が沸いちゃって大変。

倉持コロス!って何回思ったか・・・わたしが(笑)

計画すればする程、殺人を実行する気力は失われるんじゃないかって思うけど、
どうやら違うのか。とても考えさせられる。
冷静になればなる程、実は静かに火が燃えていて、
その火に油を注ぐタイミングで迷いなく殺人を犯す・・・。

うーん・・・。コワイ。
わたしはいつか「殺人の門」をくぐる時が来るのかな。
わたしは感情的になるタイプなので、
落ち着いて、落ち着いて・・・。

マンゴープリン食ーべよっ☆
[PR]
by mellowww | 2007-07-17 21:31 | 本について