2014年10月母が乳ガン(ステージ4)に。リンパ→脳→皮膚転移しましたが、前向きに治療に取り組んでいるのを、少しお手伝いしています。


by mellowww
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

東野圭吾「容疑者Xの献身」スイスイ感心。

b0021311_2322363.jpg

脳内は「食」に囲まれていたって、読書もたまにはするのよ~

ってなことで、おもしろ本をお借りして、先日読み終えました。
わたしの中では初”東野圭吾”さん。「手紙」は超有名ですが、読んでません。

わたしは鈍クサく、物事の先を余りうまく読めないので、
推理小説の先は全くと言っていい程、予測不可能であります。
だからなのか、推理小説はスキです。
この本もとても思いつかないネタの推理小説です。

物語の始まり間もなく殺人が起きます。
犯人は読書側にはわかっています。共犯者ももちろん。
ただ、どのように隠蔽したのかは全くわかりません。

殺人が起こったのは事実なんですが、その殺人で気付く人の気持ちや、
愛情の深さが後半部分で、頭にガツンと響きます。
読む人によれば、この愛情をキモッて思うかもしれませんが、
わたしには、ここまで人を強く愛せないと感心してしまいました。

アリバイ工作などは、ひとつひとつが納得できる物で、
早く次のページが読みたくて読みたくて、たまらないお話でした。
また主人公(たぶん主人公は石神さん)を取り巻く人達が、
あたたかい。

何かでつながった友人ってのは、いつ再会しても、
そりゃもう心地良い雰囲気をまとってますよね~
そんな懐かしい友人のことも思い出せるお話でした。

東野圭吾さん、ちょっとハマリそう。今読んでいるのも彼の作品です。
分厚いので、ちょっとゲンナリしてますが、既におもしろいです。
また読み終えたら、ここに載せますね~☆
[PR]
by mellowww | 2007-07-09 23:22 | 本について