2014年10月母が乳ガン(ステージ4)に。リンパ→脳→皮膚転移しましたが、前向きに治療に取り組んでいるのを、少しお手伝いしています。


by mellowww
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

重松清「流星ワゴン」どんどん惹き込まれる

b0021311_22171352.jpg

いつもいろんな本を薦めてくれる子が、またもや良い作品を!

リストラされて、妻は浮気をしていて、息子は中学受験に失敗して、
「もう死んでもいいかなぁ」と思った夜に、
オデッセイに乗った親子に出会い、過去の人生の分岐点へ案内してくれる。。。

あの時こうしていたら、今こうなっているのに。。。
ってのは、わたしも何回も思ったことありますが、
主人公は過去に帰った時、何度も何度もそう思います。

そんな葛藤の中、父親が、今の自分と同じ年齢で現れます。
ずっと距離があった父親との時間を埋めるお話でもあります。。。

最後にドドーーーンッと感動する訳ではなくて、
最初から徐々に徐々に、最後にじんわり泣けてきます。

両親、特にわたしは女性なので母親との関係を、深く考えさせられました。
今のわたしと同い年の母親とは仲良くなれるのかなぁ。
すっごい仲良しになるかもしれないなぁ、なんだかんだ言って。
同い年だけど、自分よりもしっかりした面もあるだろうし、
カワイイ面もあるだろうし。
やっぱり、仲良くなるだろうな、うん。

「死」というテーマは、わたしの中では永遠で、
この本もなかなか死を受け入れられない登場人物が出てきます。
自分にいつ訪れるかわからない「死」を、わたしはどのように受け止めるのかな。。。

いろいろなことをとっても考えさせられる本でした。
びっくりするぐらい、スイスイ読めます。
驚くほど、主人公に感情移入しているわたしがいました。

あの時のわたしは、何にも知らずにバカなことしてるけど、
そういうことをしてきたからこそ、今のわたしなんだな。

明日も前向きに☆
[PR]
by mellowww | 2007-06-11 22:17 | 本について