2014年10月母が乳ガン(ステージ4)に。リンパ→脳→皮膚転移しましたが、前向きに治療に取り組んでいるのを、少しお手伝いしています。


by mellowww
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

「あの頃ペニー・レインと」純粋にうらやましい

b0021311_23132447.jpg

観たかった映画をやっと観た。DVDでだけども。

思ったより音楽は惹かれなかったけど、
映像がなかなか良かった。

大学講師のカタブツな母を持つ、とっても頭の良いウィリアムくんは、
家出したおねえちゃんの影響でロックがダイスキに。
おかあさんに反対されながらも、ロック雑誌の記事を書く為に、
あるバンドのツアーに同行し取材をします。

売れっ子のバンドって、全部あんな感じなのか!?!?
ほんとなんですか??(笑)
常に女の子かこってますが・・・(-0-;)

ただ、純粋にうらやましいと思ったのは、
音楽がスキで、もちろんその音楽を作り出すバンドもスキで、
ツアーの時は常にいっしょにいるファン(バンド・エイドと呼んでます)がうらやましい。

無我夢中になれるっていいね。

主人公の子供っぽさが、女をかこったりしてるバンドの大人な雰囲気と対照的で、
すごくもどかしい。
バンドメンバーと同じことしちゃダメだっつーの!と思ったり、
大人顔負けの意見を述べたり。
さすが賢い奴。

ウィリアムくんもスキになっちゃう、題名にもなってるペニーちゃん。
めっちゃカワイイ。しかも、凛としてたのに、最後は・・・。
のんびり観るにはいい映画です。

やっぱバンドマンはかっちょいいな。

※ほんとの題は「Almost famous」ですが、そのまま使えば良かったのに。
この邦題だと、ペニー中心になっちゃう。
原題の方が、この内容しっくりきます。残念。
[PR]
by mellowww | 2007-06-07 23:13 | 映画について