2014年10月母が乳ガン(ステージ4)に。リンパ→脳→皮膚転移しましたが、前向きに治療に取り組んでいるのを、少しお手伝いしています。


by mellowww
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

竹内久美子「そんなバカな!」遺伝子ってわかりやすっ(笑)

b0021311_2249534.jpg

以前、竹内久美子さんの「浮気人類進化論」のことを書きましたが、
これ続編とも言うべき、さらに奥深い”遺伝子”のなせる業が説明されています!!!

わたしたち(動物も昆虫も)は遺伝子を乗せる乗り物であって、
全ての行動は遺伝子がコントロールしてるんですって!

”利己的遺伝子”と言って、自分と同じ遺伝子を少しでも持っている者に対して、
かばったりする性質あるじゃないですか。
普段ケンカばかりしてる兄弟でも、ピンチになれば必ず助け舟を出すでしょ?
他人だったら絶対しないことを、理由なんて必要ないの!ってくらい、
助けちゃうでしょ?

それ、”利己的遺伝子”が作用してるんです、奥さん。
確かに子供・孫とに、自分の遺伝子は残っていくはずですが、
兄弟ってのは自分の分身みたいなもんです。
自分の遺伝子を残したいんや!という遺伝子が作用し、
自分と同じくらいの遺伝子内容を持つ兄弟をかばうんですね~
不思議っす。

もちろん、前回読んだ本の醍醐味、浮気をするしないの男性のタイプにも深く触れています。

【文科系男】
口がうまく、常に女を口説くチャンスをうかがい、遅かれ早かれ多角経営を試みる。
しかし、妻のことが嫌になった訳ではなく、ひたすら”重複繁殖”を実現させたいだけ。

【理科系男】
女性の扱いになれておらず、積極的ではない。ちょっと退屈なタイプ。
”重複繁殖”はめったにしない。持ち前の理科系の才能を発揮して、
いろいろな発明をし、がっちり自分の子供だけを育てていく。

”ギャンブル男”や”ケチ男”も登場。

”重複繁殖”とは浮気をして、外にお子さん作っちゃうタイプ。
自分の遺伝子を残したくて残したくて、たまらんらしい(笑)
でも、口がうまいし奥さん嫌いになった訳じゃないので、離婚はしない。
すごいねー

遺伝子って、自分では確認できないし、よく聞く言葉だけど一体何??
って感じだけど、いろんな行動が紐付いていて本当におもしろいです。

また、女性の立場から冷静に、はたまた感情的に書く文面もおもしろいです。
恋愛についての行動は、これで大体理解できました(笑)
[PR]
by mellowww | 2007-06-04 22:49 | 本について