2014年10月母が乳ガン(ステージ4)に。リンパ→脳→皮膚転移しましたが、前向きに治療に取り組んでいるのを、少しお手伝いしています。


by mellowww
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

「菊花の香り」

b0021311_191082.jpg


お仕事柄、サンプルビデオ・DVDを頂くことが多いのですが、
昔もらったものを一個一個片付けていくかってことで、
まずこれを。

「菊花の香り~世界でいちばん愛された人~」

いかにも、恋愛!ですが、どうやらセカチュー的な話らしい。

何も予備知識なしで観ます。。。

めさくさ泣いた。びっくりした(笑)

~こっから少しネタバレ含む~
「死ぬまでにした10のこと」は、きちんと内緒にしてましたが、
この作品はバレちゃいます。自身が病気だってこと。

また病気になるタイミングの悪いこと。
ヒロインはここまで運が悪いのか!って恐ろしくなる。。。

何にせよ、イナ(男性)が一途過ぎで少し気持ち悪い。
完全にストーカーですよ、あれは。

けど、作品の中では「純情」ってことになってる。
そこが感情移入できませんが、後半部分は自分でもびっくりするぐらい、
はまってしまった。

「死ぬまでにしたい10のこと」を観てから、
自分の死について、考えるようになったけど、
※例えば自分だけで闘える程強い心を持ってるか、とかね
愛する人がいると、どうしても自分ひとりの問題ではなくなりますよね。

相手が大切だからこそ、相手の人生を1分でもめちゃくちゃにしたくないから、
病気を告白できないかもしれないし、《これ、精神強いバージョン》
逆に、相手に心配して欲しい(かまって欲しい)からこそ、
告白して頼ってしまうかもしれない。《お分かりの通り、精神弱いバージョン》

自分のことを愛してくれている人がいるっていう事実程、
明日を生きる力を与えてくれるものはないっす。
[PR]
by mellowww | 2007-03-11 19:10 | 映画について