2014年10月母が乳ガン(ステージ4)に。リンパ→脳→皮膚転移しましたが、前向きに治療に取り組んでいるのを、少しお手伝いしています。


by mellowww
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

「ラブリーボーン」映画館で観るべき☆

本日は「パラノーマル・アクティビティ」を観る予定でしたが、
いっしょに行く子が急遽ダメになり、他の子にも予定を聞いたりしましたが、
みんな言う事同じ。

「今日空いてますけど、その映画だけは絶対イヤです」

ひょえー

今日はすっかり映画の気分だったので、お誘いした子の内の一人と、
観たかった映画のひとつ「ラブリーボーン」を観てきました。
※ちなみに「パラノーマル」は来週火曜日に変更(やっぱり観たいんかい)
b0021311_22585911.jpg

14歳の女の子が乱暴された上殺害されちゃうのですが、
天国の手前の所で、その後の家族や犯人の行動を追い掛けます。

ファンタジー♪♪♪
と思って観たのが大間違い。
ちょっと怖いです。描写が。カメラワークが。
これでビビってて、わたし来週「パラノーマル」大丈夫かしら。

死んじゃった後の世界は、とてもキレイでパノラマ映像。
これは映画館で観るべきです。
広くて奥行があって、色が鮮やか。
映画も表現が豊かになったものです。

内容的には、前半かなり涙をこぼしましたが、
最後のあたりは拍子抜け部分がちらほら。
重みのある前半から中盤に掛けての内容を、
うまい具合に消化させて欲しかった。
でも、わたしはこの映画スキです。

何よりパパと弟に好感が持てます。
家族の温かさをこの2人から、たくさーん感じました。

途中からグイグイ出てくるグランマはコミカルで、
重い内容にちょっとした心の休憩を与えてくれるのでした。

彼女の恋愛がテーマにもなっていますが、
ぶっちゃけそれはいらないんじゃないかと(笑)
家族愛で十分。
彼の髪型も昔の郷ひろみみたいで、内容よりもそっちが気になるし(w

なんだかんだ、「死」がテーマの映画がスキなわたしは、
この映画程「辛い」、「悔しい」って思った「死」はありません。
しかも、自分の感情ではなく、母親の感情になってます、どっちかと言うと。

いやー、わたしも歳を取りました。
スキな映画も何年か後にまた観返すと、違う思いが出てくるんでしょうね。
映画はオモシロイ。

総合的に、終始飽きない映画だと思いました。

そうそう、今日は節分。
お昼ごはんは、前から決めていた「くら寿司」へ。
b0021311_22585996.jpg

持ち帰り用で作られている細巻き(鉄火巻)を3人で食べます。

わたしを含む、3人の出身地は秋田・福岡・愛知。。。
この風習を大阪に来るまで知りませんでした。

そう、恵方を向いて無言で食べきる恵方巻!!!
なんじゃその風習!!!(笑)

恵方を教えて頂いて、そちらを向いて無心に食べます・・・が、
3人共目を合わせません。絶対笑えるから。
でも、視界に入る2人の肩は、小刻みに震え、今にも吹き出しそうです。

「笑っちゃダメだ!」
と心の中で叫びながら、なんとか完食。
鼻からご飯粒が出そうなぐらい、笑いを我慢しました。

まわりは誰一人細巻き食べてません(笑)
まさか、夜ご飯の時にするのかしら。

でも、いいや。これで福がやってくるのかしら♪
しかし、オモシロイ風習ですね~、さすが大阪。

本当は太巻きなんですってね、奥様。
[PR]
by mellowww | 2010-02-03 22:58 | 映画について