2014年10月母が乳ガン(ステージ4)に。リンパ→脳→皮膚転移しましたが、前向きに治療に取り組んでいるのを、少しお手伝いしています。


by mellowww
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

「そんな彼なら捨てちゃえば?」ニヤニヤ。

観てきました、疲れた体にスーッと染み込む痛快ストーリー(だと思ってた)、
「そんな彼なら捨てちゃえば?」~He's not just that into you?
b0021311_22352699.jpg

スカーレット・ヨハンソン、なんっちゅーキレイでボインなんだ。。。

わたしは「ロスト・イン・トランスレーション」を映画館で観た時、
彼女に釘付けになりましたよ、それはもう。
なんっちゅーキレイでボインなんだ、と。

そして、その映画の中で適当に後ろに束ねただけの髪型が、
なんちゅーキレイでボインなこと(ボイン関係ない)。
そして、魅力的な瞳に唇。
あんな女性にアタックされたら、既婚者もオチマスヨ。

あ、少し話がそれましたが、「ラブ・アクチュアリー」的な、
たくさんカップルの同時進行話です、これは。

1回デートした彼から電話がない。。。
「わたしの電話番号なくしたのかしら?」
「仕事が忙しくて電話を掛けれないんだわ、きっと。」
「もしかして、事故に遭ったのかも!?」
電話が来ない理由を、女性は良い方に良い方に考えます。

女友達も、「彼が冷たい」と相談する子に対して、
「彼がアナタを大事にするばかりに、愛情の裏返しでそんなことするのよ」とか言う。

けど、明らかそれらの行動は、
「アナタに興味がないから!」と言えるのに、女性って不思議ですよね。
なぐさめるつもりなのか、本当のことは言わない。

まさにそういう女友達の助言で、恋愛を勘違いしちゃう女性、
7年も同棲していて結婚したいのに、プロポーズされない女性、
結婚後、家を改築する段階で何かと旦那さんとぶつかる女性、
メールや電話だけのお付き合いでリアル彼氏が出来ない女性、
運命的な出会いをして、一瞬で恋に堕ちたのに相手が既婚者だった女性。

ハッピーエンドもあれば、バッドエンドもあり。
※わたしは全てハッピーエンドだと思ってたので、ちょいびっくり。

わたしも一応女性なので、彼女達の会話の節々にかんなり共感し、
映画館内もそんなにお客さんいないのに、
わたしがプッて笑う時には、まわりの女性も笑ってる。

やっぱり女性が共感できる映画なのだ、と思う。

「誰々さんの時は、1ヶ月電話がなくてもその後付き合ったよ」とか、
「結婚して知り合った人と再婚して、今22年間連れ添ってるよ」とか、
女性は少ない例を挙げて、女友達をなぐさめようとするけど、
結局、その人たちは「例外」であって、「絶対」ではない。

もちろん、わたしの恋愛も「例外」のはず。
同じ恋愛があったら、たまったもんじゃない(笑)
恋愛ってステキです☆

そして、こういう何にも考えなくていい、つまんなくない映画、
たまには良いですね~(^^)

しっかし、スカーレットは別格。等身大の役をやらせたら、間違いない!
お姫様とか、もうしなくていいよ。
b0021311_22352671.jpg

あ、これは観てないけども、せっかくだったので、
「ハァ~~チィ」と撮って来ました。

わたしはネコ派です。
[PR]
by mellowww | 2009-09-03 22:35 | 映画について