2014年10月母が乳ガン(ステージ4)に。リンパ→脳→皮膚転移しましたが、前向きに治療に取り組んでいるのを、少しお手伝いしています。


by mellowww
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

「ウォーリー」こっちがずっとニコニコ☆

b0021311_072160.jpg

偏頭痛中は、明るい所が苦手になってしまい、
テレビも全然観てなかったのですが、やっと観たかった映画を観終えました。

ピクサーシリーズは映像がキレイなので、絶対映画館で観たかったのですが、
ついついDVDでの鑑賞となってしまいました。最近映画館行くのがちとめんどくさい。
でも行き出すとまた映画館で観続けるんでしょうか。

さてさて、「ウォーリー」は、この間観た「いのちの食べ方」ぐらい、セリフがないです。
でもセリフがない分、行動、表情から感情を読み取ることができます。
主人公達はロボットですが、感情を持ち合わせているロボットなので、
目や首の傾き具合で、しょんぼりもニッコリも完璧に表現出来ています。
まるで能面みたいです。
角度で同じ面が表情を変える!みたいに。

700年もの間、地球上のゴミを片付け続けているロボット、ウォーリーの所に、
かんなり高度なロボット、イブがある任務の為にやってきます。

ウォーリーは優しくて好奇心旺盛な男の子、イブは勝気な女の子といった感じかな。
最初はウォーリーを敵!と思っていたイブも、徐々に仲良くなっていく様子が、
本当にかわいらしい。

そんな中、任務を遂行してしまったイブは強制的に自分の星へ連れ戻されますが、
そこはウォーリー、なんとかして追い掛けます(笑)

イブが造られた星は、人間がロボットと共存している星です。
うーん・・・違うな、人間がロボットに頼っている星ですね。ロボットなしでは死んじゃう。
人間は全員、脂肪ボニョボニョ人間で自分で歩くこともままなりません。
何をするにもロボットまかせ。
移動も座椅子みたいなんが、どこまででも連れてってくれます。

これは正直怖かった。なんでもロボットがやってくれたら、人間こうなっちゃいますよね。
筋肉が落ちちゃって、「自力」って言葉は意味をなさないです。

ロボットちゃんたちの協力プレイに終始ニコニコしましたが、
ボニョボニョ人間の部分だけがちょっとひっかかりますね(苦笑)

ロボットそれぞれに、きちんと個性があって、さすがピクサー!!!
すぐストラップにして売り出せますよ!(笑)
最後は不覚にも涙してしまいましたが、やっぱり映画館で観るべきだったなぁ。
大きい画面でダイナミックに動くロボットたちを、ちゃんと観てあげるべきだった。

今度のピクサー作品は、必ず映画館で観よう。
やはり、アニメは宮崎駿のおっちゃんと、ピクサーで安泰だ。
[PR]
by mellowww | 2009-05-10 00:07 | 映画について